通信制高校でひきこもりから脱却した私です

人間関係も全くなく孤独な毎日



ひきこもり生活
孤独な毎日
通信制高校へ
何よりの財産

今のままでは最終学歴は中卒、そして人間関係も全くなく孤独な毎日、勇気を出して社会に出ても何の評価もされないだろうと思いました。奇しくも母親が倒れたことで、私の中に強い危機感が芽生えたのです。そこで生まれた選択肢というのが、通信制高校 への入学というものでした。外に出ることへの怖さが消えたわけではありません。ただそれ以上に何とかしなければという思いがありました。少しして通信制高校の話を家族にしたところ、家族は快く後押しをしてくれました。それまでを振り返ると家族は、ずっと家にいる私を強く責めたことはありませんでした。もちろんひきこもりがちな生活を認めるつもりなんてなかったでしょう。


とっぷ