通信制高校でひきこもりから脱却した私です

高校に行かずひきこもりがちな生活を送って



ひきこもり生活
孤独な毎日
通信制高校へ
何よりの財産

私は高校1年生の頃から2年間、ひきこもりがちな生活を送っていました。きっかけは今思えば些細なことです。クラスメイトからコンプレックスをからかわれてしまい、人前に出るのが極端に怖くなってしまったのです。当時はまだ気に掛けてくれる友人がいたので何とか通学しようと頑張ってはみたものの、気が付くと家から出ることさえできなくなっていました。その後その高校を退学した私は、インターネットで在宅ライターの仕事をしながら生活費を捻出していました。親への申し訳なさや後ろめたさがあったため、何とかそれくらいはやりたかったのです。とはいえ対人関係への恐怖を拭うための努力は、何一つとしてできていませんでした。そんな矢先、母親が病気で倒れてしまいました。幸い入院などの必要もなくすぐに家に帰ってくることはできましたが、ふと将来への大きな不安が押し寄せたのです。


全通研
通信制高校
晃陽学園高等学校
とっぷ